企業は売るのが正義なんだから正しいんだが
評価する側が「売れてるんだから面白いんだ!」
っていうのはちょっとお薬必要な感じがするわ
売れたら正義自体は構わない
売上=面白さと勘違いしてる輩にはNOを言いたい

このへんのレスには同意だなぁ。

こちら側(ユーザー、リスナー)の捉え方よね。

売れてるものは悪だ!

なんてことは、サラサラ言う気はないけど

売れるものや流行りものにハマらない人もいるし、

売れなくても、流行っていなくても、

面白い作品は山ほどありますからね。

このへんがちゃんと理解できている人って

今の日本にどれくらいいるんでしょうね。

理解できてる人が多いんだったら

キ○ハラ、みたいな言葉は生まれないか…

どうも、トトです。



年が明けても、昨年のネタを取り上げているこの期間。

今日のネタにもちょうどいいまとめを冒頭に使いましたが

先月、ゲームに関して

日本人の評価が厳しいと話題になった出来事がありました。


ただ、元ネタはゲームだと言いつつも

これって映画や音楽、

他の様々なエンタメで、日本には適応されてるものだと思ったので

こうして取り上げてみました。


bad-review-rating-two-star


日本の人は、
「3点を基準に考えて良ければ4点かなり良ければ5点」
をつける傾向にあります。(もちろん個人差はあると思います)

しかしアメリカの人中心に多くの海外のユーザーは、
「5点を基準に考えてそれなりに満足すれば5点、不満があれば4点より下になる」
という傾向があるように感じます。

「次回作への期待を込めて4点です!」

というのは当のレビューされた方本人としては、
「完璧ではないけど良い作品だから次回作への応援と激励を込めて4点!」
という認識なのかもしれませんが、

開発者からすると
「4点ということは悪いところが結構あったんだ・・・」
と思ってしまうという双方の認識のギャップが生まれてしまう
ということです!

※不具合の報告を星1点とともにつける文化もなくした方がいいと思います・・・!星1点は開発者にとって死刑宣告なので、問い合わせで知らせていただくか、DMをいただくか、または星はせめて3点や4点で書いていただくのが開発者の心理状態にとって優しいと思います。

https://note.com/tokimekishiken/n/n188fd243e074





と、NieRのヨコオ氏の過去のツイートも含めて

まとめられていた記事を取り上げました。

次回作への期待を込めて4点です!

なんてのも馬鹿みてーだなとは思うけど


今回のクリエイターさんの言い分に対しては

確かになぁ…と思うところもあるし

うーん…と思うところもあるので

3点

と、今回の主張に対する

自分の意見を点数化するならこんな感じ。



ことの発端であるクリエイターの人に共感するとしたら

やっぱ長年ブログやってる身として

マイナス意見はやっぱ応えるなぁ…

ってことかな。

もちろんそれも程度によるし、

まぁ、そういうコメントをしてくる人の大半は

てめぇのストレス解消したいだけだろ

みたいな内容のものがほとんどなので

公開する前に即刻!削除してはいるんですが

管理者なので、削除するにも

一度はそれを目にしなくてはいけない為、

( ノД`)ハァ-3…と、一度は思ってしまうんですけどね。



で、まとめられているレスやコメントの方に

共感したものを取り上げますが

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
5点満点で5点って100点満点の100点ってことだろ
そんな簡単に出せねえよ


通知表の感覚か
>>思ったわ
 通知表の影響だよね


>「3点を基準に考えて良ければ4点かなり良ければ5点」

ぶっちゃけ言えば偏差値の付け方がこのやり方でしょ
つまり日本人って幼いころから偏差値教育を受けてるから
その影響だと思うね

偏差値持ち出すまでもなく中央値「普通」を意識して生活してるのが
日本の文化とも言えるしな。やっぱ多大な影響を受けてるだろうよ


真面目に5点満点だらけの評価しかないならレビューの意味ないしな


不満は無かったゲームと物凄く面白かったゲームが同じ5点になるのも釈然としない
>>「まぁ普通かな・・・」で☆5じゃレビューの意味がないよな
 そりゃそんなんで☆5つけてくれるなら製作者は嬉しいだろうけど
 だからUBIみたいに65点でゲームだしまくる所が生まれるのか?


なんで最高点が基準なんだよ、ファミ通クロスレビューやってんじゃねーんだぞ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


などなど、このへんは自分も共感しました。

個人的な5点満点の内訳はというと


(90~100) とても良い、超楽しめた!、名作・名盤、超オススメ
(70~95) 良い、楽しめた、良作・良盤、オススメ
(50~75) 可もなく不可もなく、人を選ぶ、良いとこは確実にある、普通に良い
(30~50) 微妙、つまらん、人には薦めない、記事は書かない
(0~30) 見る・聴く・やるに耐えない、次はない、見限るレベル


こんな感じ。

5点なんて滅多に出ないし、出さないよね。


100点満点方式にするんだったら

同じ90点でも5点と4点ってあるワケだし。

同様に1と2も滅多に出すことないけど。

3点のところにも書きましたが

映画にしろ、ゲームにしろ、音楽にしろ、

2点以下のものは記事にはしませんしね。

でも、2点だとしても

3点に近い2点と、1点に近い2点がある

ってのが難しいところでもあります。


livedoorBlogの機能で☆で5点満点評価が付けられるけど

それは現状、ゲーム記事にしか利用してません。

game_review

映画は、年末ランキングの時にサクッとわかるよう

自分用のメモに、参考程度に点数を付けてますが、

その点数はブログには書いてません。




以前、Ameba時代に

新譜レビューに点数つけてください

ってメッセージもらったことがあるけど

丁重にお断りしました。笑


自分が点数を付けたところで

そんなもの、あくまで"自分"が思っただけの評価で

それを盲信されても困りますしね。

仮に、自分が4~5点を付けた作品があったとして、

どこが良いんですか?
目(耳)腐ってんですか?


なんてコメントが来られても面倒臭ぇだけだし。

クソなのはお前の評価であって、
オレは気に入ってる、それだけだろ。

と、いちいち言わなきゃいけないのも面倒だし。


娯楽やコンテンツは所詮、"人の好み"だし

まとめにもあるように
娯楽に対して点数制なのがそもそも間違いだと思う
合う合わないの話がほとんどだから公平性なんてそもそも無い

ってことですよね。


問題なのは

意識してか、無意識なのか、

そういう"他人の評価"や"世間の評価"を重視して

"自分の評価"が二の次になってる連中

日本にはそこそこの数いるってことじゃないだろうか。

流されやすい国民性ですしね、日本人って。

Ameba時代の記事から散々言ってる通り

自分はそういう連中、大ッ嫌いですがw

てめぇの言動、判断力くらいてめぇで責任もて、と。


メディアが流行を作ればすぐ乗っかる

SNSで流行ってればすぐ乗っかる

ネットで流行ってればすぐ…etc

娯楽やエンタメが正当に評価されない、できない原因も

ここにあると思うんですよね。

馬鹿馬鹿しいにも程がある。

踊らされてるって言葉が

これほど似合うのもそうそうないでしょう。



で、メディアはメディアで

金もらってんのか、それによる忖度があるのか

4~5点しか出さないでしょ。

マイナス意見って、日本のメディアにほとんど見かけませんしね。

それはそれで、"評価"として正しいのか?ってのも正直なところ。

そんなの信用できねーじゃん。

このまとめのコメント欄にも
☆5の作品ばかり並んでたら全然判断基準にならなそう

こういったコメントが出てますが、まさにその通りよ。

というか、日本の体裁がそんなだから信用できない

って部分もあるよね。


以前、読者様に

トトさんの名盤基準は高すぎですよw

なんて言われたことがありますが、

↑で書いたようなことになりたくないからですしね。

もちろん、その読者様もそれはわかって

ノリで言ってくれたようなもんですが。

新譜が出るごとに

名盤!神盤!

なんて言うヤツの評価なんて、信憑性0だもの。

そもそも"良い"の最上級に

『神』を使うヤツ自体、好きじゃねーしw

こういう他人のレビューって

個人的には映画のをよく見るんですが

参考にするのは大体3or4を付けてる人のだしね。

自分が観たあとなら5も1も見るけど。笑



良いも悪いも、等しく扱ってこそ

"評価"や"批評"って成り立つもんだと思うんです。

好きなものは脳死で信用、絶賛する信者とか

"良い"しか取り上げないメディアとか、

ホント、こういうの何も信用できん。

こんなことばっかりやってるから業界が成長しない、

むしろ衰退してるんじゃねーの?って思ってしまう。


そうは言っても、コメント欄にありましたが
画質も綺麗!ストーリーもキャラも良い!アクションも楽しい!
でも気に食わない点が1つあるので1点~2点です!

これ本当にやめてほしいわ
(いいね!:36  だめ!6)

こういうAmazonレビューやSNSによくいそうなヤツ…

SNSで面倒くせぇなって思うのは、

こういうのを単独で言ってるならまだしも、

わざわざ対象に投げつけてる(リプしてる)ってのが

クソ面倒くせぇ現代SNSの問題のひとつなのでは?

これも5点満点だとしても

(+1)グラフィック〇
(+1)ストーリー〇
(+1)キャラ〇
(+1)アクション〇
(-1)気に食わないことひとつ

言葉通りに点数付けるなら4点だろっていう。

コイツの評価自体が何の価値もない

こういうクソアッタマ悪いレビューとかは問題外だけどさ。

正当に評価、批評してる人だっているでしょう。

確かに日本人って悪いところに目を向けがちだし

そっちばっかり指摘されるのも嫌だろうし、

正当なものならまだしも、大量に阿呆が湧いたところで

そんな連中の相手をするのも面倒臭いのは大いにわかる。

そうだとしても↓こういうことだと思うんですよね。
話を聞いても日本式の方が評価方法としては正しい気がするわ
レビューは開発者の応援の為にしてる訳じゃないからな
気持ちはわかるけど、それはそれこれはコレだろ
(いいね!:51  だめ!:4)

阿呆は確実に増えてるし、

それを気にしすぎる風潮にもなってる。

最悪な問題はここですよね。

世間様()の、一般大衆様()の、

評判が良ければ、それは本当に良いものなのか?

よく言われることですが

いちばん売れてるのが美味いものなら
世界でいちばん美味いのはカップラーメンになる


みたいなヤツ。

そんなことねーよって思うじゃない?

売れてるのは確かに"良いもの"かもしれないけど

世の中の人すべてが"良い"と思うかは別じゃね?

それが人それぞれ、好みや趣味嗜好は異なる

ってことなんでねーの?

そうして良きも悪きも、正しく判断できる人が減れば減るほど

そういう部分の"人それぞれ"がなくなればなくなるほど

そういったものが続けば続くほど、

コンテンツ、娯楽なんて死ぬしかないって思いません?

良い評価ばかりを気にして、取り上げて、

慢心してるような人、企業ばかりなら尚更ですよ。

そうかといって、上手くいってる方を

なかなか参考にしない日本企業に日本人。

良きも悪きも取り上げる人が少なく、

そういった評価が世に出ない、参考にする人が少ない。

そうして、どんどんつまらなくなる現状を

どうやったら止められるんだか…






他人の評価を基に

良い作品、悪い作品に出会うことだってある。

でも、それは良くも悪くも

その"他人の評価"を基に行動した"自分の責任"だし

それを自分以外に責任転嫁しちゃダメよね。


流されやすい国民性に象徴されるような人に

こんなこと言ってもしょうがないかもしれないけど

他人の意見にどれほど重きを置いてるか知らんが

他人の意見なんて"参考"程度に捉えるのがいちばん良いのにな。

最終判断は自分がちゃんとすればいい。


で、クソ頭悪いレビューや感想はないものとして

良きも悪きもちゃんと見てくれている人の意見は

それこそクリエイターも"参考"にすれば

ユーザー評価、リスナー評価は上がるんじゃないですかね。

現行の作品でアプデで修正するなり、

それを次作にいかすなりすれば。

それが発信者も受け手も、両者がwin-winになる

いちばんの近道なんじゃないかなと思います。

もちろん、クリエイター、発信者の側は

自分がやりたいことをいちばんにすること

ってのは大前提に、ね。

ファンに迎合しすぎても良くない。

規模が小さいならまともなファンも多いだろうけど、

規模がデカくなればなるほど、阿呆も増えますからね。





と、自分も音源レビューをメインとして

サブではゲームと映画の感想記事も書いてる身として

取り扱ってみたネタでした。

ウチのブログなんざ、まだまだ規模も小さいので

まともな読者様の方が多くを占めていると思いますが

それでも数ヶ月~半年に1回くらいの頻度で

阿呆みたいなコメント残してくヤツが湧くんですよ。

ブログで不労所得がもらえるようになればいいなーとは思うけど

そういうのを考えると、

規模的には今のままでもいいのかなーとも思ったり。


とは言え、

これまでのやり方を変えるつもりもないし、

読者様も変に構える必要もないので、

これからもよろしくしていただけたら幸いです<(_ _)>





関連記事