不本意ながらも係長という立場になり、

休日出勤や夜勤が減り、

フツーのサラリーマンのように

週5で朝から勤務という形に戻って約2ヶ月…

つっら(;´Д`)

日中眠くて眠くてしょうがない。

週5日勤になっても、上がりは定時が減って

19:00~20:00過ぎだもんなぁ。

サラリーマンに限らず、朝からの勤務体系で

週5で働いてる人たちってすげーな。

よくそんな感じで働いてられんなー…

と、尊敬するようになりました。

あー、夜勤&休日出勤してた頃に戻りてーw

どうも、トトです。



それでは、前回のBack On Earthに続き

11月の第3金曜リリースの新譜レビューといきましょう。

所属レーベルはウチではお馴染みですが、

バンドはウチのブログ初登場。




20201123_014938
Bearings『Hello, It's You』
01. Better Yesterday
02. Sway
05. Lovely Lovely
06. Love Me Like You Did
07. Over Now
08. Dreams
09. I Feel It All
10. Transient Colours



カナダはトロント出身のPOP PUNKバンド

Bearingsの2年ぶり2枚目となるアルバム

Hello, It's YouPure Noise Recordsから

11/20にリリースされました。


FB_IMG_1606311685000

クソボケコロナさえなければ

Sleep On Itのツアーに

Between You & Meらと共に回る予定だった

注目の若手バンドです。


それこそ、このツアーの存在からBearingsを知り

Spotifyでもフォローしていたので

こうして遅れることなく新譜にありつけました。

早速聴いていきましょう。



Better Yesterday
まず1曲目は、多幸感のある陽性サウンドで綴る
キャッチーでノリやすい縦ノリPOP PUNK/POP ROCK
3分もない短い曲ですが、聴きやすく、
Knuckle Puck"Want Me Aronud"的な雰囲気なのも
POP PUNK好きには刺さりそうな1曲です。


Sway
1曲目よりもストレートなPOP PUNKしてる2曲目。
というか、今作でいちばんPOP PUNKしてる曲かも。
合いの手のように展開されるコーラスが
こちらのシンガロング衝動を刺激する。
ポップな方面に寄ったキャッチーなPOP PUNKは
同レーベルバンドだとSeawayあたりを彷彿とさせる。

リリースから約2ヶ月前に公開されたMVは
昨今よく見かける少し時代を感じる4:3画角。
ボーカルのだせぇヘアバンドも、
そういった時代的なものを意識してのことかな?笑




Super Deluxe
リリースから約1ヶ月前に公開されたMVのある
3曲目はPOP PUNKよりもPOP ROCK寄り。
そこにシンセサウンドを取り入れて、
古き良き80~90年代のシンセポップもあります。
近年出てきたR&B要素を取り入れたバンドが
好きな人にもアプローチできそうな雰囲気。
ボーカルがアカペラ風に歌う後ろでクラップが鳴り、
そこからラストサビへ。




So Damn Wrong
1年以上前、昨年度9月にMVが公開された今作最古参
4曲目の打ち込みも良い意味で前世代が浮かぶ。
ちょっとダークな雰囲気も感じられるPOP ROCKは
どこか近年のSet It Offっぽくもあるし、
そんなSIOの最新作Midnightに入ってそうでもある。
それ故か耳馴染み良く、比例してメロディも良いのは
さすが先行でシングルカットされた曲だけはある。
終盤の掻き鳴らすギター好きだなぁ( ´∀`)




Lovely Lovely
打って変わってアコギから始まる5曲目。
そんな弾き語り風に始まるも、すぐにドラムも入ってきます。
サビではバックコーラスが曲に花を添えます。
しかしサウンド自体は控えめだし、
ボーカル、コーラスが引き立つ曲は『歌』が耳に入ってくる。
この曲を聴いてると、どことなく冬を感じるなぁ。
それこそ、サビのコーラスとかまさに。
何故こういったコーラスに冬を感じるかって考えたら
洋画でのクリスマス、教会で歌う聖歌隊や
ゴスペルなんかをイメージしてしまうからかな?


Love Me Like You Did
イントロがまたバンドサウンドを取り戻しつつ、
どこかまったりしたPOP PUNKな様は
それこそSeawayサウンドが浮かんでくる6曲目。
ポップなシンセの入れ方、使い方も曲に合っていて、
そういった所が、今作の至るところに
散りばめられているような要素にも感じます。


Over Now
続く7曲目は、イントロから力強いドラムが響き、
キラキラ系シンセで幕を開けます。
こういうPOP PUNK/POP ROCKも耳馴染み良し。
それこそ00年代中期から10年代のPOP PUNK感。
そういったシンセサウンドを織り混ぜつつも、
シンセを抜いたとしても"バンド"を感じるサウンドが
しっかりしているところは好感ですね。
やっぱりシンセが効いたPOP PUNKサウンドは
近年では珍しく、新鮮な気持ちで聴けるし、
しかも意外と良いもんだから困る。笑


Dreams
8曲目もそんなシンセは取り入れられていて、
アコギイントロから始まるものの、この曲は
PVRISのようなダークエモなオルタナポップ感。
タイトル的にも、夜に聴きたくなる曲ですね。
サウンド的にはエモラップ的な要素もあるような?
意外としっくり耳に入ってくる良きメロディ。


I Feel It All
再びバンド感が強いサウンドで始まる9曲目。
ここも雰囲気はややダークではあるけども、
曲全体に響くピアノとシンセ、バンドサウンドが
ダークサイドに引き込むのを止めてくれる。
ドラムの力強さもありますからね。
シンセや鍵盤サウンドによるエモーショナルさはあっても
バンドであることをしっかり証明してくれるサウンドは○です。


Transient Colours
ラスト10曲目もしっかり"バンド"として終わらせます。
冒頭から展開するコーラスが印象的な
エモメロ系シンセPOP PUNK/POP ROCK
テンポも割とアッパーで聴きやすさを助長する。
2コーラス目開始のオトナなベースライン良いな!(゚∀゚ *)
サビも歌いたくなる耳触りの良い心地良しメロディ。
アウトロは鳴り響くギターと、冒頭にあった
シンガロングが映えそうなコーラスで締めます。





以上、

Bearings『Hello, It's You

でした。

面白ぇー(* ゚∀゚)

既存のPOP PUNKの印象を変えつつ、

それでも良いと思わせるシンセ要素gjですね。

そう思えるのも、自分が今年になって

シンセ/オルタナポップを色々聴き出したことも

良さを見出だすことが出来た要因なのかもしれません。


こういったバンドがPure Noiseと契約してるのも面白い。

アツいPOP PUNKが在籍するイメージのレーベルだし

レーベル的にも新たな風を吹かせてくれる感。

レビュー中にも挙げましたが、

サウンドがPOP PUNKに寄っていれば

レーベルメイトでもあり、同郷カナダ出身でもある

Seawayに近いというPure Noise感は確かにある。

だとしても、

やはりここまでシンセを取り入れたPOP PUNKは

POP PUNKシーンではもちろんのこと、

Pure Noiseとしても稀な例だと思いますね。


そんなPOP PUNKサウンドに

絶妙にシンセを混ぜた曲が並ぶ

BearingsHello, It's You

是非ともチェック!





関連記事