スパイダーマンとかホライゾンとか

やりたいのは発表されてるしなぁ。

あとはー

続報が途絶えたWATCH DOGS LEGIONとか

って思ってたら情報きた。笑



あとは、PS4互換があるんだったら

EDF 6』とかCyberpunk 2077』も。

NieR』or『DOD』の続編も来ないかな。



UE5のデモで見たのもゲームとして出してくれないかな。笑

グラビティデイズ』のVRとかもやりたいなぁ。

てかPS5に合わせて、VRも最新型の出ないかな。

あとは忘れちゃいけない、

今回の記事で書くゲームの続編もね!

どうも、トトです。




次にプレイ予定の新作ゲーム

GHOST OF TSUSIMA

のリリースまで、あと3日です!ワク(゚∀゚*)(*゚∀゚)ワク

だいぶ前にPS Storeで予約したので

今か今かと、その時が来るのを待っていますが

その期間の暇潰しとして

ブラボの2周目をやったり、EDFやったり、

デスストでフォトモードを触ってみたりと、

惰性で色々やってましたけど(。-ω-)ボケー

そんな中、6月末のサマーセールにて

だいぶ安くなっていた2018年の代表作を

セール価格1,435円という格安で購入。

思えばホライゾンをやる時に、

今回のものとどっちにしようか迷った挙げ句、

ホライゾンを選んでいたのでした。

そしてリリースから2年越しで、

自分も"神の戦い"を体験しました。



God of War_20200625231531
GOD OF WAR
(2018)

ギリシャ神話の神々への凄惨な復讐の過去を捨て、北欧の地に辿り着いたクレイトス。彼はそこで妻を娶り、息子アトレウスをもうけていたが、自らの血塗られた過去ゆえ、アトレウスとも距離を置いて暮らしていた。

しかし、突然の死によって妻を喪ったクレイトスは、「一番高い山の頂から遺灰を撒いてほしい」という彼女の遺言を守るため、北欧神話の神々が司るミズガルズの地へ、アトレウスとともに旅に出ることとなる。かつて神を殺した男は、父としてその旅を全うできるのか。そして危険な旅路の先に父子を待つ衝撃の真実とは。

ここに、 『ゴッド・オブ・ウォー』は、全く新しい物語として動き始める。





開発はSIE傘下のSanta Monica Studio

海外レビューサイトの20以上が100点を叩き出し、

メタスコアは94を記録!

世界累計売上本数も、1年で1,000万本を突破!

受賞数およそ200で、2018年のGOTYに輝いた

GOD OF WAR

遅ばせながら、先月末からプレイしていました。


2018年は個人的にスパイダーマンの年だったんだよネ。

GOWには目もくれてなかったと思うw

しかし、その年のGAME OF THE YEARの作品

面白くないワケがなかったんです!

と、プレイしてそれを大いに実感。

2年前のゲームなので、

ネタバレ盛り盛りで感想を述べていこうかと思います。



全クリまでに要した日数10日ほどだけど、

プレイ時間は、全クリまで20時間ほどかな?

セーブデータに記載されているのは

こちら(プレイヤー)側の日時なので、

ゲームのプレイ時間がわからんのですよね。

体感では、たぶん30時間はかかってない。

なのでネット上でもよく見る20時間前後ってとこかなと。

昨今のAAAタイトルにしては、ボリューム控えめです。



過去にギリシア神話を基にした3部作があり、

今作は北欧神話をベースにした

新生GOWとして制作されました。

前シリーズは未プレイ、

個人的には今作でシリーズ初プレイです。

ゲーム好きって時点で、そういった神話とは

馴染みのある人も多いかとは思います。

神話の内容を知らなくても、出てくる神の名前や

地名、武器等の名前も、他の多くのゲームで使われてますしね。

北欧神話と言えば、名作『ヴァルキリー・プロファイル

自分はもちろん、知ってる人、プレイした人は

たぶん少なくないんじゃないかと思います。

まぁ、そんなVPよりも遥かに暴力的ですがw


主人公は前シリーズから継続し、

ゼウスを父に持つスパルタの戦士クレイトス

そしてそのクレイトスの息子であるアトレウス

God of War_20200626134511

この親子2人を中心にストーリーが展開していきます。

今作の旅で主軸となるのは

クレイトスの妻であり、アトレウスの母である

フェイの遺灰を九界で最も高い山の山頂から撒くこと

この彼女の遺言を実現させる為に、父子が旅をします。




前3部作シリーズでは

クレイトスさんもかなりヤンチャだったみたいですが、笑

妻を持ち、子を持ったクレイトスさんは

だいぶ丸くなった

みたいな意見が散見されますw


↑を見てると

なるほど確かに丸くなったなって思えるw

前作シリーズのままだったら、

道中でアトレウスは殺されてるんじゃ…

なんて思ってしまうなw

父子として、というより"神"としてなのか

クレイトスさんが息子にかける言葉の1つ1つが厳しく、

それでいて接し方が不器用だからなー(。-∀-)w

でも、いざアトレウスがいなくなったり

病に倒れたりすると

God of War_20200711230029

と、父の顔全開でめっちゃ必死になるギャップよw

序盤でクレイトスさん好きになったわw


アトレウスはアトレウスで、

かなりのお母さんっ子だったことが、

ストーリーを見ていくとわかります。

そんな母が亡くなり、遺言を実現させる為とはいえ

厳しく、無骨で、不器用で筋骨隆々な

半裸の髭もじゃ親父と2人っきりで旅に出るなんて…

そりゃ気が進まないのもわかるってもんですw

シナリオ中盤までは、アトレウスも神であることを

クレイトスさんはずっと隠していますが、

神であることを告げると共に、気が大きくなり、

これまでの父に対するストレスも爆発したのか、

いきなり反抗期きますしねw

もちろん原因はクレイトスだけではなく、

他にも色々とあったのはプレイしててわかりますが

態度が豹変しすぎて、何かに憑かれたのかと思ったわw

天候まで変えるのはさすが神だと思いましたw



でも、そんなちぐはぐで凸凹だった父子も

旅をしていく内に、絆が深まっていきます。

そもそもゲームを進めていく上で

2人各々の役割分担がしっかり分かれていて、

プレイアブルのクレイトスさんは主に戦闘メインで

アトレウスはサポート役です。


昨今のアクションゲームに於ける戦闘は

かなり重要な要素であると思います。

戦うことがメインのゲームであるなら尚のこと。

ここが優れていたのも、GOWが評価された点でしょう。

ただ殴るだけのゴリ押し戦法に有効性はあまりなく

盾を使った防御やパリィ、スキルや魔法を使い、

割と考えて戦わないとザコにもフツーに負けます。

無双以上、死にゲー未満って感じのバランスかな?

ただ、ゲーム中の視点が所謂TPSな第3者視点ですが、

他のTPSよりも割と視点が近めなんですよね。

God of War_20200706231159

クレイトスの肩越しっていうかさ。

カメラ動かす以外、クレイトスを正面から見ること、

顔がなかなかテレビ(プレイヤー)側を向きませんしね。

テレビ側(画面手前)に移動する際も、

この視点からくるっと後ろ向いて移動ではなく、

この視点のまま後ろ向きに歩きます。顔は見えません。

戦闘中なら、すぐ背後にいる敵すら見えない。

狙われてれば赤印で敵の方向はわかるし

十字キーの↓で振り向く(反転)は出来ますが

カメラはけっこう回しながらでないと、

複数戦やよく動く敵、動きの速い敵なんかは

なかなか追いきれないんじゃないかな。

昨今、3Dゲーム酔いする人もいますが(自分は無縁)

これだと酔う人いそうだなー(。-ω-)

と、プレイしながら思ってました。



クレイトスさんのメイン武器は

氷属性の斧『リヴァイアサン

God of War_20200708010644

敵を切り裂くのはもちろん、

投てき武器としても性能を発揮します。

投げてもボタン1つで手元に戻ってくるという

さすがは神の武器。

戦闘以外でも、道中の仕掛けを凍らせて固定したり

遠くにあるものに当てて作動させたりと、

フィールド上のギミックに対しても活躍する場は多いです。


スキルを解放していけば、ただ殴るだけでなく

攻撃にもバリエーションが出てくるし、

また、武器にルーンを装備していれば

ルーンアタックという魔法的な攻撃法も加わります。

God of War_20200713094737
God of War_20200713094747

その分、操作も増えるので慣れるまでは

多少の時間を要するとは思いますが、

それらを使いこなせれば戦闘も楽しくなるし、

殲滅力がグンと上がって爽快に。

God of War_20200711004747
God of War_20200711004848


斧なし状態の素手でも弱さは感じません。

むしろ敵のスタンゲージを溜めるには

素手の方が溜まりやすいくらい。

盾を使ってパリィするのもスタンには有効。

敵のスタンゲージがMAXになると無防備になり

God of War_20200706005857

R3でフィニッシュを決めることができます。

これがまた脳汁出るほどに気持ち良くてねw

God of War_20200630205355
God of War_20200711234514

素手で引き裂いたり、顔面踏み潰したり、


God of War_20200629112751
God of War_20200630120932

斧で真っ二つ、脳天振り下ろし、首ちょんぱ、などなどw

これやる時はクレイトスさんも

(# ゚Д゚)んんぉおああぁあああ!!!!

って雄叫びを上げながら敵をメタメタにするので

ついついこっちも釣られて

(# ゚Д゚)んんぉおああぁあああ!!!!

って言ってしまうw

これ、CERO Zだからこそ出来た表現な気がするw

あと相手が人間じゃないしねw



アトレウスの弓による攻撃も、

何もしなくてもオートでやってくれますが、

クレイトスの眼前に敵がいれば

ボタンで、視線にいる敵を狙って射ってくれます。

God of War_20200711003457

アトレウスの弓にもルーンが装備されていれば

長押しでルーンアタック発動可能。


God of War_20200711004638
God of War_20200709204800

弓やルーンアタックはもちろん、

敵に飛びかかって動きを止めたりもしてくれます。

その隙にクレイトスが殴る!

God of War_20200709201554


弓には本数制限があり、連射も本数分まで、

ルーンアタックも連発はできないけど、

チャージ時間を早めるスキル等を取っていれば

使用可能になるまでの間隔を短くすることは可能。


クレイトスは体力の下にあるレイジゲージが溜まると

L3+R3でスパルタン・レイジが発動可能。

短時間の無敵モード(継続微回復付)になり、

徒手格闘で相手をボコボコにします。

God of War_20200705220123
God of War_20200705220023

ピンチ時の救済にも使えるので、

敵の数を減らしたい時、少しでも回復したい時、

あとは単にストレス発散に使うも良し。笑



中盤以降はサブ武器として

ブレイズ・オブ・カオスという炎の双剣が使用可能に。

God of War_20200703010058

鎖が付いてて、近~中距離な使用感は鞭や鎖鎌が近いかも。

攻撃範囲が広く、多勢と戦う時に向いてます。




そして道中のルーン文字や石碑の解読、

敵の情報の記録等々はアトレウスの役目で、

彼の書いたメモが、メニュー画面の『知識』に追加されていきます。

God of War_20200706212840
God of War_20200706212944

情報と共に、アトレウスの一言が書いてあるのが良い。

こういう細かいところを凝ってるゲームは好きです。

ルーン文字が読めない父親にアトレウスが教えるシーンは

とてもほっこりしました(*´ω`*)スクショ撮り損ねたけどw


狭い通路はアトレウスを先に行かせたり、

崖や壁の昇降時などはアトレウスが

クレイトスさんの背中に引っ付いたりして

こういうところもなかなか微笑ましいです( ´∀`)

God of War_20200626134125
God of War_20200710110841

こうして協力しながら

ダンジョンや謎解きを攻略していくので、

それだけで結構おもしろいんですよね。

謎解きも簡単なものから少し凝ったものまでありますが

攻略情報を見なくても、周りをよく見渡し、

ギミックの性質をちゃんと理解していれば

それで詰まることはないくらいの難易度。


フィールド上はもちろん、舟に乗ってる時も

移動中に何気ない会話をすることも多い。

God of War_20200706230848

地味に『おぉ!』と思ったのが、

字幕の大きさを設定できる点。

昨今のゲームは字幕やUIの文字の小ささが目立ち

そこに不満を抱くユーザーも少なくないと思う。

しかしこのゲーム、字幕の大きさを変えられます。

God of War_20200706232443

しかも ・中・小 みたいな大雑把なものではなく、

数値で設定できるので、細かく大きさを変更できる。

座布団(字幕の枠)の透明度の濃淡、

話者の名前表示の有無など、

これは昨今のゲームにも見習って欲しいほど

地味に優れた点だったと思いますね。


中盤以降は、ここに『知の巨人』と謳われた賢者

God of War_20200705211352

ミーミルという生ける生首ジジィが加わるので、

一層賑やかになるのも楽しかった。笑

こういったところの会話シーンで

過去の話や他愛のない話、神同士の人となりなど

色々と話してくれるので、

φ(。_。*)(゚ω゚ *)フムフム と、つい聞き入ってました。

英語音声(日本語字幕)でやってたので尚更ね。笑

その内容によっては、『知識』に追記されるのも○

God of War_20200706001113



こうして戦闘も、移動も、謎解きも、

父子のバディものとして、とても面白いです。

そういう点ではラスアスが好きな人には良いかもしれない。

2?やってないから知らん←

アトレウスはエリーと違って不死身ですけどねw

ゲームオーバーはクレイトスがやられた時のみ。


今作で何度もお世話になるドワーフの鍛冶師

ブロックシンドリのフルドラ兄弟。

最初は不仲で、別々のところで出会うけど、

この兄弟の仲が修復していくのも、

クレイトスとアトレウスのような父子の絆と、

彼らの"兄弟"としての絆もあり、

作中でも地味に良いキャラです。

God of War_20200705223545




で、神話をベースにしてるだけあって

それに連なる景観や、巨大な建造物、巨獣など、

やっぱスケールの大きさが他のゲームとは段違い!


魔女の住処であるデカいカメ

God of War_20200626160143


霜の巨人(ヨトゥン)とされる世界蛇ヨルムンガンド

God of War_20200626164032


極寒の地に死して横たわるサムールの巨人

God of War_20200630120212



魔法の鎖で繋がれたドラゴン

God of War_20200628144441


などなど。

やっぱこうデカイのってテンションあがるよね!(* ゚∀゚)

中でもやっぱ、そのドラゴンの中の1匹との戦闘は

とても楽しかったですね。

God of War_20200628185056
God of War_20200708010112

こういう巨大なヤツとの戦いが

もっとあれば良かったのにと思ったくらい。




基本的には称賛するところの多いゲームですが

いくつか気になった点を。


レビュー、感想サイト(ブログ)を見てると

ロードがない!

っていうのが多かったけど、

God of War_20200707234236

狭間いくときにロードしてねぇ?

扉にすぐ入れる時もあれば、

ちょっと待ってから入る時もあるしさ。

バグ……ってないよね?と思うときもあったくらい。

それほどに他は全く違和感なく繋がってた証明なんだろうけど。

それを除けば確かに

プレイ中にロードらしいロードはありません。

God of War_20200625231156

オープニングも、このタイトル画面から

そのままシームレスに動き出したのは驚いたΣ(OωO )

ホントにゲーム中は止まることなかったですね。

世界間の移動の際はロードしてんだろうけど

それを感じさせない演出あってこそなんでしょう。

ポーズ的な意味では、メニュー開くと止められるので

ブラボみたいに、メニュー画面確認中でも

敵に襲われるような恐怖感はありませんしね。



それとフォトモードの視点もそう。

フォトモードがあること自体は絶賛したいけど

これも基本はクレイトスが中心になってる。

フォトモード記事で、他にスパイダーマンと

ホライゾンの記事を上げていますが、

その2つよりもカメラの可動域が狭い感じする。

そのせいか、上記2つのゲームよりも撮り辛く、

自由度が劣ってるように感じましたね。

God of War_20200708004751

絶対そんな顔しないだろ!w

っていう表情が用意されていたのは大いに笑ったけどw

まぁ、この辺も含めて

あとあとGOWのフォトモード記事も書こうと思います。



こうして色んなところの良し悪しを感じつつ

楽しくストーリーを進めていましたが、

終盤のアトレウスのカッコ良さ

というか、ラスボス戦での頼もしさったらw

序盤の甘ったれた感じは既になく

立派な"戦士"となって

クレイトスの横に立ち、ラスボスに立ち向かいました。

God of War_20200705214524
God of War_20200705215836
God of War_20200705215904

連携良し、サポート良し、

しまいにゃヨルムンガンド召喚!w

潜在能力ハンパねぇw

ま、当のラスボスは戦自体は

相手も展開も拍子抜けでしたが(。-∀-)w

クレイトスとアトレウスの親子の物語なのに、

別の親子喧嘩に巻き込まれた、みたいなさw

いっちばん最初に戦ったバルドルが、

まさかコイツがラスボスちゃうやろな…

って、ゲーム進めながら思ってしまったわw

ウィッチャー3にしろ、ホライゾンにしろ、

AAAタイトルなのに何でラスボスがショボいんだとw

その2つに比べれば、GoWの方が盛り上がってた気もするけど

洋ゲーのラスボスって、和ゲーみたいに

強さ、存在、展開、音楽等々の要素に於いて

盛り上がりに欠けるんだよな。笑

和ゲーが盛りすぎなのかもしれないけど、

日本人だもの。和ゲーで育ってきたワケだし。

スパイダーマンは割かしそのへん上手かったけど

やっぱり洋ゲーのラスボス戦は拍子抜けする。笑



そして明かされるアトレウスの名前の由来。

『アトレウス』はクレイトスのいた

スパルタの戦士の名前だと明かされます。

その前に付けられようとしていた"あの名前"

北欧神話にはなくてはならない存在だけど

ここでその名が出るのかぁーーー(* ゚∀゚)

と、ラストで鳥肌たちました。


エンディング…というか、

最後にフェイの遺灰を撒くところはやっぱ良かったですね。

God of War_20200705225129
God of War_20200705225233
God of War_20200705225443

英語版だと、『アトレウス』とも当然呼んでたけど、

印象が強いのは、クレイトスさんは作中ずーっと

"Boy(男の子、少年)"って呼んでたんですよね。

それでももちろん"息子"って意味はあるけど、

何つーか…他人行儀ではないけど、まだ幼いとか、

未熟みたいな意味も込められてるだろうし、

クレイトスじゃなかったら軽い呼び方っていうかさ…

上手く言えないけど、英語独特の言い回しというか。

でも、遺灰を撒いた時には

Son (息子)って言ったんです。

こっちの方がより距離は近く、"家族"感強いし、

Boyよりも重く、大切な感じがしますしね。

字幕の方も、まぁ名前は当然そのままとして

Boyの時は"おい"とかだったし、素っ気なさ半端なかったw

でも、この時ばかりは字幕も

息子よ

と出てたのが素晴らしいな、と(。´Д⊂)

それもこれまでの旅があったからこそ、

ようやく父が"我が子(息子)"として認めた瞬間であり、

これからが大変だぞ、と引き締めるような感じもあり

この『Son (息子よ)』という、たった一言に

色んな意味が含まれてるような気がして、

感慨深かったし、この流れはとても良かったです。

これこそがGOTY持ってったんじゃねって思うほど。笑

このゲーム、リアルにアトレウスくらいの子がいる

リアルお父さんがプレイしたら泣くと思うわw

内容的に映画化してもイケそうな気がする。



スタッフロールの場面ですらも

クレイトスを動かしながら表示されていきますが

God of War_20200705235634

まさかこれをやる為に

肩越し視点にしたんじゃないだろうな…笑



ラスボス戦からエンディングに至るまでの展開で

あ、これ続くんだな

って終わり方するのも洋ゲーならではか。笑

そもそもエンディング時点で、

選択肢にはあるのに、行けない世界がある、とか。

God of War_20200706224604

作中、壁画やミーミルの話とかで

オーディンってこんな胸糞なのかよw

と思うくらい、オーディンのことが語られてて

そうでなくても北欧神話でオーディンと言ったら

深く知らない人でもなくてはならない存在なことが

わかるくらいメジャーなヤツじゃん。

それが名前と言伝てだけで姿も見せないで終わる時点で

続編があるのは最初から決まってたようなもんですね。笑

そもそも前作シリーズも3部作やってるワケだし

一新した新生GOWがGOTYも獲って

トータル1,000万本以上売り上げ出してるんだから

これで続編なしなんて絶対ないでしょうw

PS5でのお目見えを楽しみにしてます。




クリア後は、諸々の引き継ぎありでスタートできる

NEW GAME+があるのはもちろん、

少し景観の変化はありつつも、

やり込み要素はそのままに遊ぶことが出来ます。

God of War_20200706224800

ストーリー上、一度しか行けない場所以外の

宝箱の取得や、オーディンの鴉の駆逐。

God of War_20200707001429

世界中いたるところにいるこの『オーディンの鴉

パッと見でわかるところにいるヤツもいれば

カメラの上下左右グルグル見回して見つかるヤツもいて

おそらく攻略なしで全て見つけるのは至難の業かと。

とは言っても、そこまで固執してなかったので

全51匹の内、自分は全クリ時28匹、

現在までに41匹、特に攻略は見ずに

目につき、耳に入ったもののみを見つけてここまで出来ました。



今作のストーリー上は深い関係はないけど、

素材集め、サブクエのある

ニブルヘイムムスペルヘイム

God of War_20200711004438

ムスペルヘイムは『戦闘』に於ける試練なので

そこまで苦も無くやりきりましたが、

ニブルヘイムはなぁ…

God of War_20200711003755

ここにいるだけで上のゲージが減っていき、

ゲージがなくなり、ライフまで無くなったらアウト。

ゲーム好きな人でも、

こういうの好きな人は少ないんじゃないか?

という制限のあるステージ。

ホンッッット!こういうの大嫌いだわ(#`皿´)

安全地帯とゲージ減る箇所、

同じとこを何回も何回も行き来して、素材集めて

ゲージの消費を軽減する装備作って、

ここにいるヴァルキュリアも倒したけども。

サブクエクリアに必須な『濃霧の掟』がまた

なかなか出なくて苦労しました。

攻略情報を見ると、霧のこだま所持2000くらいで

でかい金の宝箱から出る確率が上がるとか、

所定の部屋での宝箱で出るとかあったけど

出ねぇよクソがッ(# ゚Д゚)ゴルァ!!!

出る人は連続で出たとかいう人もいるみたいだけど

出ねぇよクソがッ(# ゚皿゚)ゴルァ!!!

何なら3000近く持ってたのに出なかった時もあり…

確率論なんて大嫌いだ。

所持2000以上で確定にしとけチクショウめ。

とは言っても、無事にクリア出来たので良しとします。



しかもミズガルズの方は

時間経過しないと敵が(おそらく)リスポーンしないので

クリア後に経験値(XP)や資金稼ぎをするなら

ムスペルヘイム or ニブルヘイム

の2択になるのも辛かった。

稼ぎたいのに制限ステージでやれってか…

全クリするだけなら何も困らないけど

武器防具のクラフト、アップデート(資金、素材)

スキル、ルーンアタックのレベルアップ(XP)

エンドコンテンツやる為には、このへんがちと不便。


世界別で達成度が100%になったのは

拠点であるミズガルズ以外の4つの世界

アルフヘイム
God of War_20200713181634


ヘルヘイム
God of War_20200713174609


ムスペルヘイム
God of War_20200713174555


ニブルヘイム
God of War_20200713174618

やっぱミズガルズをやり尽くすのは難しい…



あとは隠しエネミー的である強敵、

物語の主な舞台であり、拠点でもあるミズガルズの

九界の湖にある7つの塔にも名前が刻まれている

計8人のヴァルキュリア討伐。

God of War_20200710114151
God of War_20200706233036

九界の湖のあるミズガルズに4人、

アルフヘイム、ヘルヘイム、ムスペルヘイム、ニブルヘイム

の各世界に1人ずつの計8人。

なかなかに強敵なのは言うに及ばず、

でも初見で倒せたヤツもいて

このへん、やはり死にゲーほどの難易度はないと。

ライフを減らし切ると、R3のフィニッシュ攻撃で

God of War_20200711224913
God of War_20200710103856

ヴァルキュリアの翼を毟り取るクレイトスさん

マジ鬼畜

彼女らを倒すことで、作中最強クラスの防具

ヴァルキュリアシリーズが手に入ることがあります。

God of War_20200713094825

活躍させる場がないけどね(。-∀-)笑

全クリ前にヴァルキュリア倒すなら別だけど

それだとこっちの強さ的にもちょっと厳しいだろうし。

まぁ、最強装備なんて大概そんなもんだけど。

ただの自己満で終わるな。笑


各地のヴァルキュリアをすべてを倒すと、

God of War_20200712010744

女王シグルーンとの対決

ヴァルキュリア装備が活躍できる数少ない場所。

前情報通りの強さでしたね。

これまでのヴァルキュリアの攻撃パターンの寄せ集め

そこにシグルーン独自の行動パターンが乗る。

各ヴァルキュリアでの対処が出来ていれば

勝てない相手じゃないのは明白でした。

これまでの死にゲーのボスとかの方が

こんなん勝てんの…?感はよっぽど上でした。

しかし、他のヴァルキュリアに比べて

体力が1.5~2倍くらいあって、攻撃力も高いので

苦戦は必須なんだけども。

God of War_20200713172159
God of War_20200713172341

何とかこの記事を上げる前日に倒すことができ

自分のGOWライフに区切りがつきました。

これで心置きなくツシマに移れます\(^o^)/




他にもやり込み要素はあるけど、

まー、一通り全クリはしたし、

大して攻略情報を見ることなく

トロフィー取得率も88%までいけたし

ま、いっか。笑


で、シグルーン倒したあと、

ちょこっとやり込みをしつつ

何気なく2人の『』に行ってみると

何やらイベントが発生しました。

久方ぶりの我が家で休んでいくよう。

クレイトスとアトレウスが眠りに入り

数年後…

というテロップのあと、雷鳴が轟きます!

何かと思って2人が外へ出ると…

誰だ!!

と、クレイトスの怒号からカメラが引いていくと…

God of War_20200713234931

おまえは、トーry…

という、思わぬ隠しエンディング?が見れました。

ラスボスのバルドルを倒したあとなのか、

それともシグルーンを倒したあとなのか、

発生する条件はわからないけど。

これが次回、続編の

オープニングになったりする?ワク((o(*゚∀゚*)o))ワク

続編にはトールも出る?ワク((o(*゚∀゚*)o))ワク

そんな期待を持てる隠しエンディング?でした。



って感じで、

2018年のGOTYを総なめにした大作ゲーム

GOD OF WAR

の、感想でした。