はー…(。-ω-)-3

最近また前ブログに意味不なコメントが付いたんですが

もちろん、相手になんかしてませんが

相手をしなくても通知が来るので

こちらは嫌でも目を通すことになるワケでね。

もう面倒臭ぇんで、前ブログの方はもう

コメント出来ない設定にしたついでに、

下書きじゃないけど、

その件に関して色々と書いてたんですよね。

そしたら、割と落ち着いてきちゃって。

長年ブログをやってたことの成果か、

思ってることを文字に起こすこと自体が

今の自分にとって割とストレス発散になってる。

とりあえず落ち着いた今は

今回書いたものを記事にする予定なしですが

ネタがなくなったら頼ろうかな…

ただの殴り書きなので、

記事にするには低俗な内容だけど。

どうも、トトです。



さて、気持ちを切り替えて。



前回同様、リリースを見逃してたバンドを1つ。

しかも前回のChief Stateから更に遡って

1月のリリース作品ですw

いやーダメですねー

クソコロナのせいもあるとは言え、

新譜がないない言ってる場合じゃなかったです(。-∀-)笑

それではいきましょ。




FB_IMG_1592845290200
Radiate『Human』
2. Life Cycles
4. Replaceable
5. Home




USはニューヨーク出身の

Progressive Rock / Progressive Post-Hardcore

RadiateのデビューEPHuman

1/7にリリースされていました。

年始はHandgunsに躍起になってた…(。-∀-)笑

そもそもこんなに早くリリースするバンド自体、

けっこうな少数派じゃん。

今年は2バンドもいるとは思わないじゃん!w

だから半年も遅れちゃったよ…


とは言えね、このバンドは

以前、発掘記事で取り上げているバンドなんです。



新譜リリースするでしょ、レーベル契約するでしょ

っていうYouth FountainStand Atlanticなどはまだしも

今年で言うとSaving Viceとか、このRadiateとか

まだまだマイナーな域を出ないけど、

自分が発掘してきたバンドが、こうして時を経て

新譜をリリースし、シーンに本格的に出てくるのは

こちらとしても嬉しい限り!


見逃してたのは水に流してもらうとして、←

このデビューEP、早速聴いていきましょう。




Human
1曲目は今作のタイトルトラックであり、
2018年12月にMVが公開された最古参の曲。
ジャンルを聞くと取っつきにくそうではありますが
曲を聴くとそのイメージは払拭できると思います。
そこまで激しくはないし、ボーカルの声質と
曲の雰囲気がマッチしたエモーショナルさ。
しかし、そのジャンルのひとつとして
"プログレッシブ"と自称しているように、
ギターサウンドはなかなかに目立ちます。
2コーラス目の開始時、静かなパートでは
エモーショナルなボーカルの裏で、
マスロックを感じられるリフを展開しています。




Life Cycles
そんなギターリフがイントロから展開される2曲目。
ここでは早くもシャウトボーカルも飛び出し、
サウンドのヘヴィさもあり、コア感を出します。
エモーショナルさよりも、激しさが上をいく。
でも、既存のコアバンドよりは遥かに聴きやすいです。
流れるようなリフもあり、どことなく
ちょっとDGDっぽさを感じますね。
これからが楽しみだ(* ゚∀゚)b


I Promise This
昨年8月にMVが公開された3曲目は
キャッチーさに秀でるエモーショナルナンバー。
エモーショナルではあるけどしっとり系ではなく、
手数の多いドラムでテンポ感は良い感じに聴こえるし、
ソロパートもあるくらい、ここでもギターは目立つ。
ここではシャウトもなくし、クリーンのみで
歌いきるボーカルはエモーショナルな雰囲気の要です。




Replaceable
4曲目は頭ったから叫んできます。
やっぱシャウトが入るとコア感が増す。
Progressive/post-hardcore rock
と、自身の音楽性をこう言ってるのも納得。
ボーカルがクリーンのみならプログレロックだし、
この曲や、2曲目の"Life Cycles"のように、
シャウト入れて、サウンドも少し重めにすれば
プログレポスコアにもなる。
やっぱ目指す先にはDGDがいそうですね。


Home
ラスト5曲目は、リリースひと月後、
今年の2月にMVが公開されています。
歴代の色んなバンド同様、やっぱり"Home"っていう
タイトルの曲はエモーショナルになりますよねぇ。
ここでもボーカルはクリーンで歌い、
2コーラス目から出てくるシャウトしてるのは
ゲスト参加してるALAZKATobiasかな。
音源はまだしも、MVにも姿はなく、
声だけだったのはちょっと残念でしたが(。-ω-)笑
しかし、彼のシャウトによって、
ここまでの4曲で差別化できていた
プログレロックとプログレポスコアを
上手く掛け合わせたような曲が完成していますね。
今作の裏タイトルトラックでもあり、
バンドの音楽性を示すのにもバッチリの1曲に。






以上、

Radiate『Human

でした。

以前、発掘記事を書いていたバンドが

最近になって躍進してきていて嬉しいなぁ( ´∀`)

みんなもっとシーンに出てこい!

オレのショボい先見性を確立させてくれw

そんなバンドの1つ、今回のRadiateですが

レビューにも書いた通り、要所要所で感じる

DGDイズム

公式のFacebook垢でジャンルしか見てませんでしたが

改めて『おすすめアーティスト』の欄を見ると

Dance Gavin Dance, The Used, Issues, Sleeping With Sirens, Enter Shikari, Alazka and more

と、DGDを真っ先に挙げているくらい。

他のバンドも、シカリ以外は大いに納得できる。

出てきたてのバンドだし、今作がデビューEPです。

まだまだ荒削りなバンドではあるけど、

この先が大いに楽しみなのは変わりありません。

だから発掘記事書いたんだしね(ドヤァ←

レビューすんの遅れたけど(。-∀-)



そんなポストDGDなバンドの初EP

Radiate『Human

DGDが好きな人はもちろん、

バンドが挙げているオススメも好きな人は

是非ぜひ、チェックしてみてください。





関連記事