ホンットこれよ!

ただでさえクソ暑い夏とか大ッ嫌いなのに

同調圧力のせいでマスク外せん!

マスク外しても白い目で見られるとか、



自粛警察ならぬ、マスク警察とかが

出張ってこないとかならいいけど、

それが面倒臭くて付けてるようなもんだしなぁ。

もうマスクくらい、えぇ加減にしよーや( ノД`)

圧力に屈してる自分自身も阿呆だとは思うけどもさ。

早くワクチン、治療薬できないもんかね…

どうも、トトです。



映画館が解禁になり、

新作映画も続々と公開され始めてきて、

自分も映画館復帰を目論んでいますが

その前に

そういえば一作目から観てるけど

あれって解決したのかな?

ってのが気になって、見逃してたシリーズ最新作を

今月半ば頃に自宅でBD鑑賞。



0dff278cbb495ac8
パラノーマル・アクティビティ5

かつてケイティとクリスティが住んでいた家に、ライアンとエミリー夫妻と娘のリーラが引っ越してくる。

ある日、夫妻は物置で箱の中からビデオカメラとビデオテープを見つける。彼らは興味本位でカメラのレンズを覗く。

それ以来、彼らの周囲で恐ろしい出来事が起こるようになり、リーラの様子も徐々におかしくなっていく。そして、怪異はますますエスカレートしていく。

そして彼らは徐々に最期へと進み、カメラには衝撃的なラストを捉えていた…




ある家族と悪魔との契約により、

その悪魔の超常現象に悩まされる

モキュメンタリーホラーの最新作。

1~3までは劇場で観て、

4は確か劇場には行かずにBDで。

なので、そのあとの情報を追ってなかったんですよねぇ。

4以降、スピンオフを1つ挟んで

ナンバリングでは最新の『5』まで作られてたワケですが。

時系列としてはこんな感じみたいです。

series

こういう場合のスピンオフって駄作の匂いがするな…

見てないけど、別に見なくていっか(。-∀-)笑

と思って、5を観ることにしました。




5もこれまでと同じく、

ホームビデオ風に撮影されたのは変わらず。

でも、それこそ1の時は

怪奇現象やケイティの奇行の原因を知るために

カメラを回してたってのはわかるんだけど、

こういうのってシリーズが進むにつれて

カメラ回してる場合かw

と、ツッコミたくなるのもお約束ですよね(。-∀-)w

5まで来ると、舞台も2013年の出来事になってるし

スマホでの撮影もしてるやろとw

超常現象起きてるのに変なとこ冷静だな、とかw

現代のSNS狂いで承認欲求に溢れてる馬鹿共みたいw

と、思わざるを得ないw

しかし!

今作は、おそらく3の時に回してたであろう

古ぼけたビデオカメラによって

シリーズ通して賑わせてきた悪魔

トビー』の撮影に成功します!\(^o^)/

これまでは、彼の存在を確かに感じつつも

やはり実体が目に見えなかったり、

人に取り憑いたりしていたので、

トビー本人?本体?は謎だったんですよね。

それが今作で明らかに!

そのカメラでのみ映るトビーの姿は

最初は透明ながらも、確かに"そこにいる"ってのがわかり

それが徐々に黒みを帯びていき、

タール状の影みたいな形ではありますが、

確かなトビーの姿を映し出します。

デスストのBTみたいな感じかな。笑

DEATH STRANDING®_20200618220753

スピンオフ含めて6作目だし、時代も進んでるし

いい加減トビーの姿が見えてもいいんだけど、

こういう作風のものって、その恐怖の対象が

"見えない"からこそ恐怖感を煽る部分もあるので

姿が確認できたはいいけど、ちょっと複雑ですね。笑


終盤では顔も明らかになりますが、

悪魔悪魔してる顔してましたね。笑

作中の聖典でも出てたような悪魔とかは

ヤギ頭で、バフォメット的なのがよく見るヤツだったし

これまでも目に見えなかったけど、デカい感じだったので

fiend

ウィッチャーに出てくる

フィーンド的なヤツをイメージしてました。笑



まぁ、姿が見えたとて

トビー君のやることはこれまでと同じです。

上から垂れ下がった照明を揺らすの大好きトビー君w

物を落とすの大好きトビー君w

音の出るおもちゃを勝手に起動させるトビー君w

カメラの前をダッシュで駆け抜けるトビー君w

いきなりワッ!と出てきて驚かすトビー君w

ここまで来ると、変な愛着が湧いてくるなw


トビーよりも、トビーの誘惑によって

人格が変わっていく人たちの方が恐いですね。

1でいうケイティ、2でいうハンター、

4でいうワイエット、そして5ではリーラ。


2、4でラストに出てきたケイティ(withトビー?)は

今作は過去のビデオにのみ出演。

シリーズ的には3の時代に撮られたもので、

ケイティ&クリスティ姉妹が子ども時代のもの。

その内容が、見てるライアンの状況を当てたり、

リーラの部屋の特徴を的確に示したりと、

予見してるような内容ですが、リーラのくしゃみに反応したり

リアルタイムで見られている感覚に陥るところは

((( ;゚Д゚)))ヒエッ…と、なりましたね。




1だか2だかでは、家に入った瞬間

『これは私には無理だ…専門外だ』

と、即帰った腰抜け神父がいましたが、

今作の神父様はとても心強い存在でした。

ライアン/エミリー夫妻の話もしっかり聞き、

元凶でもあるリーラとの対話もこなした。

従来の悪魔払いは通用しないでしょう。
悪魔を…殺します

神父様かっけぇぇえええええ(* ゚∀゚)

払うではなく、殺すことに踏み切った神父様

かっけぇぇえええええ(* ゚∀゚)

同時にフラグが立ってるので不安ですけどね…w

そうして準備をチャキチャキ進めていき、

いざ!トビー君と対峙!

暴れまわるトビー君、リーラの目が真っ黒に( ;゚Д゚)ヒエッ

と同時に家の明かりが消え、真っ暗に。

バタバタしながら高性能オールドカメラを暗視モードにし

状況を確認すると、神父様は口の端から血を流し

トビー君に奥へ引きずり込まれてしまいます…

あー…不安が的中(。-∀-)笑

ホラー映画に於ける神父や霊能者あるあるの末路に。

一時的に消えた?感じになり、リーラも元に戻るも

やったか…?
やったわ!成功よ!

というフラグ満点のセリフを吐く時点で、ねw

結果、6作使ってようやく体を得て、

現実に顕現したトビー君。

トビー君の完全勝利で幕を閉じます。



BDは別エンド版が収録されていて、

そちらは『やったか…?』で、やったことになり

平和な日常を取り戻したエンドでした。

家も引っ越し、新生活がスタート\(^o^)/

が、荷物の中からは、あのVHSが…( ;゚Д゚)

ライアンが踏み壊し、

これで最後だよ

と、エミリーと抱き合います。

…ホントにぃ?(。-∀-)

時は更に進み、リーラの誕生日を迎えます。

リーラの誕生日でのお願いは

弟が欲しいな

おいおいおい( *´艸)(´ω`*)

みたい雰囲気になる夫妻とギャラリーですが、

ここまで観た人ならわかる通り

おいおいおい…((( ;゚Д゚)))

と思うことが正解な気がしますw

トビー君勝利エンドの方なら

これでシリーズ完結という風にも見えるけど

弟欲しいエンドの方だと

更に続きが作れそうな終わり方だよね(。-∀-)

まぁ、あくまでBD特典的なものだろうし、

これでシリーズ最終作の方がしっくり来ますけどね。

色々と過去から繋がったところもありましたし。




そんな感じで、

シリーズ最新作を4年遅れで観ました。笑

4までの終わり方だとハッキリしないこともあったし

モヤモヤ感が残ってましたが、

5でようやくスッキリした感じ。

てか、トビー君が実体を得た時点で

シリーズ終わりでいいでしょう。

人間側の敗けだよw

もうこれで"見えない"トビー君による

超常現象は見れなくなるんだしさ。

もー、さすがにこれ以上は蛇足でしょw

まぁ、これまでのシリーズ公開間隔からしても

5以降、今日まで続編は公開されてないし、

文字通り終わりということなんでしょう。


音楽同様、映画に関しても遅咲きなので、

こうして1からリアルタイムに見始めて

シリーズ追えたのも、数少ないひとつかもしれません。

気が向いたらスピンオフも見とこうかな。