DSC_0594

天元突破グレンラガン
キルラル
プロメア

等々でお馴染み、TRIGGERのアニメーター

今石洋之さんのアニメ画集買いました\(^o^)/

アニメ好きだけど、こういう画集買うの初めてだ。

Amazonで買ったけど、届いた5/21には既に在庫切れに!

そして届いたその日に

全223ページ、1時間以上かけて見ました読みました。

その流れでアニメのMADとかも見ちゃって。

今石さんはもちろんのこと

金田伊功、吉成鋼・曜、すしお、板野サーカス、宮崎走り…etc

いやー、動かない紙芝居みてーなのじゃなく

やっぱ"動いてる"アニメは面白い!

日本のアニメは世界一ィィイイイイイイイ

同時に、当時のガイナってやっぱスゲーな

と、色んなMAD見てて思いましたね。

ゴタゴタしたものの、アニメ自体のクオリティは

やっぱりスゴかったなと。

どうも、トトです。




それでは本日のネタにいきましょう。

クソコロナによる自粛ネタの一環として書いた


の時に、コメントでネタを提供していただきました。

いつもチェックありがとうございます<(_ _)>

3つのネタを提供してもらいましたが、

1つはちと難しいので、

その内の2つを採用し、その1つ目を取り上げます。

題して、




DSC_3960
トト的
お気に入りライブハウス



ってことで、

今はクソコロナのせいで全く行けていませんが

これまでに200回以上ものライブに足を運びました。

その中で、自分のお気に入りのライブハウスを

挙げてみようじゃないか、という企画。


採用したは良いものの

なかなか難しいネタなのかもしれません(。-∀-)笑

というのも、自分は東京在住の為、

普段のライブは都内の箱がメイン。

都内の箱のこと中心になってしまうのがまず1つ。

んで、自分は別に音質厨でもないし、

ここのライブハウスは音が良い、音が悪いとか

違いなんて大してわからないんですよね┐(´ω`)┌

ってのが2つめ。

見た目でクソさがわかるような

QUATTROduo MUSIC EXCHANGE邪魔柱とか、

Zepp系列の馬鹿みたいに多い柵とか、

フロア内喫煙可の某箱とか、

接客態度が悪い某箱とか某箱とか←

そういった観点からのクソ箱なら出てくるんですが

良いライブハウス、お気に入りライブハウス

ってのは、なかなかに選ぶのは難しそう。

皮肉にも、サムネ用に貼った↑の画像は

QUATTROでのThe Story So Farでのライブですけどねw

そういう悪い点がなければ、どこも等しく

良いライブハウス

っていう認識といっても過言ではないのでw

とは言え、受けたからには

ちゃんとやらなきゃなりますまい。

既に↑に挙げた箱がお気に入りではない

ということが証明されましたがw


多くのライブに行ってはきましたが

やはり会場はライブの数とイコールではなく

何度も行ってる会場もあるので

過去に一度きりとか、数回だけとか、

なかなか思い出せない箱もありますが…

そんな中でも記憶に残ってる箱を

10コ!

頑張って選んでみました。

順位とかではなく、浮かんだ順に挙げていきます。


何を以て『良い』『お気に入り』とするかは

その都度、書いていきましょう。




DSC_0574
SHIBUYA-AX


良いライブハウス、好きなライブハウス
というお題が出ると、今も昔も真っ先に
このライブハウスが浮かびますね。
とは言え、今もう無くなってしまった箱ですが。
ライブハウスの閉店が相次いだ2013-14頃、
その中に漏れなく入っていたSHIBUYA-AX
残念なことこの上ないです。

都心で且つ、渋谷で最大のキャパ1,500 - 1,700だった箱。
ロッカーの数も多く、柵はあるけど間隔は適度。
悪いところを探す方が難しかったくらい。

そのおかげか、ここで見るライブも良いものばかりでした。
逆に言うと、だからこそ好きな箱なのかもしれません。
印象深いものとしては、
初めてFACTのライブをみたEat Your Words TOUR
NEC_0123

震災時、自粛の波に呑まれつつも、
ツアーのグランドファイナルを飾ったBIGMAMA
bigmama_rocklassic_grandfinal

今は無きMONSTER ENERGY OUTBURN TOUR
初年度の2013は、ここで開催されたんです。
coldrain / SiM / Blessthefallの3組でね。
その時にcoldrainは"Pictures"を、
SiMは"Weight of my pride"を、それぞれカバーし
Kへの追悼をしたってのも思い出です。


海外組だとSimple PlanZebraheadMXPXなどを
初めて見たのがここだったりもします。
思い出深いライブハウスなんです。

前ブログのレポを数えてみたところ
計14回
SHIBUYA-AXでのライブを体験してます。
その14個のレポを読めば、その時のライブを
容易に思い出せるくらい、良い箱だったんですよね。
なんで閉店した(させられた)のか不思議でしょうがない。

と、語り出したら止まらなくなるくらい
たくさんの思い出が詰まった
SHIBUYA-AX
ここがやっぱり自分の中でのベストライブハウスですね。




club_citta_kawasaki
川崎 club CITTA'


AXが無くなった今、ベストを挙げるならチッタかな?
ここの何が良いかって、それはもちろん
柵の少なさ!
これに尽きますね。
AXよりやや少ない1300人規模のキャパながら、
柵が少ないことにより、満員時はAXと遜色ない。
柵ゼロ、真ん中に1本だけの時とかも経験してますが
それ味わっちゃうと、他の箱がクソに思えるw
これだけ広くて柵がないと何でもできちゃいますしねw

ここで体験したライブは計6回
間違いなく最高だったのは、面子もやはり最高、
CROSSFAITH主催の第1回 ACROSS THE FUTURE
この時がまさに柵なしでしたね。
しかも面子がCF、WCAR、WSS、CLっていう、
後の面子が全て霞むレベルの最高ラインナップ!
これで柵なしで巨大サークル出来たとかもう
何よりも楽しいライブでしたね。
思わぬ阿呆がいたことで、ワタシは頭部から出血しましたがw
今となってはそれすらも良い思い出ですw


唯一の不満点は、川崎という立地の悪さ
行き辛ぇんだよな川崎!オマケにちょっと遠いし。
そこだけが欠点ですね。それ以外は文句なし!
こういう箱が都心に出来ればなぁ…




DSC_1278
TSUTAYA O-EAST
(ex. SHIBUYA O-EAST)


そんなチッタに惜しくも及ばないのがここ、
渋谷の象徴的なライブハウスであるO-GROUP内
最大キャパのO-EAST
キャパ自体、チッタと同程度の1,300人であるものの、
こっちは柵が消えたの見たことないので。笑
その差のみですね。
しかし、ここも良きライブがたくさん行われた箱
であることは間違いないです。

自分が初めてcoldrainのワンマンを経験した
Through Clarity Tourのファイナル。
過去曲セトリのDECADE IN THE RAINもここでした。


そしてPay money To My Painの全曲ライブ
LIVE -40-
ベストの初回版を買った人は、この公演の
BD/DVDを持っているハズです。
ま、ワタシその場にいたんですけど(ドヤァ←
NEC_0237

あと過去2回しか見れていないStory Of The Year
その2回の内の1回、彼らのライブ初体験もここでしたね。
しかも1st『Page Avenue』の10周年記念公演で
アルバム全曲再現でしたからね!
禿げ上がるほど楽しかったなぁ( ´∀`)←
DSC_0823

あと何気にメタル系の単独も見てますね。
UnearthTriviumPeripheryなどなど。
DSC_3117
DSC_4842
DSC_0255

他にも海外バンドのレア枠だと
AlesanaGorilla BiscuitsBANEとか見ましたね。

しかしAXやチッタ、EASTレベルになると
海外組は非常に限られてきてしまうのがな…
現行POP PUNKではState Champsがいちばん乗りかな?
その前にChunk! No Captain Chunk!か。
そこに続いてくれるバンドが出るかどうか…

そんなO-EASTでのライブ参戦回数は17回
O-GROUP全体で数えると30か…それ以上いくかな?

O-EASTに次ぐキャパを誇るO-WEST
中キャパの箱で柵なしで広いのが良い。
ステージもフロアよりやや高く見やすい。

コの字型に段差のあるO-NEST
その段差の上にいればステージが見やすい。

O-Crestは…最近まっっったく行ってないなw
最後に行ったのいつだよ…
でも、過去にサポートしてたバンドが
よくライブしてた箱なので思い入れはあります。

あと、ここの悪い点は名前。
2016年に改名を余儀なくされていますが
何だよTSUTAYAて馬鹿かよ(。-д-)-3
地名じゃなく、こういう企業名が全面に出てくると
途端にクソ化しますよねしょーもない。




DSC_1155
マイナビBLITZ赤坂
(ex.赤坂BLITZ)

クソみてーな名前で思い出したけど、ここもだ!
汚点は言わずもがな、O-GROUPと同様に名称。
マイナビが施設命名権を取得してしまったが為に
こんなクソダサBLITZになってしまいました。
転職説明会用の箱か何かですかコノヤロウ(# -皿-)クソガ

そんなクソダサ名称はさておき、
ここもキャパは1,400弱と、↑これまでの箱と同等。
名前はさておき、箱としてはなかなかです。
ロッカー多いし、またそのロッカー配置場所が
箱の廊下から直通で、屋根の下にあるのが良い。
悪天候でも安心設計です。
ただただ名前が残念すぎるだけで←

ここでライブ見たのは11回
やはりキャパ的にあまり海外バンドは見れず。
唯一…になるのかな?OUTBURNで来日してくれた
Bury Tomorrowを見たのは貴重な体験。
1427094834

最近だとAll Time LowとかFever 333がやってましたね。
どっちも行ってないけどw

あとは企画でBIGMAMAかな。
ここだけで5回くらいBIGMAMA見てるw
あの頃はライブも曲も楽しかったなぁ。

DSC_1172

あと、初tacicaはここでしたね。
その後もここで何度かtacica見てます。
だから個人的なBLITZのイメージって
BIGMAMAtacicaなんだよなw

んなこと言ってたら閉館決まりましたね。
コロナは関係なく、赤坂の街全体の再開発によるものみたい。
そんな感じなら、また後々
新しいライブハウスできそうですけどね。




DSC_2738_1
GARRET udagawa


ここらへんから海外バンド増やしていきましょう。
ってことで浮かんだのは渋谷にあるGARRETかな。
確か最初は『屋根裏』でしたよね。
で、屋根裏が移転だか閉店だかをして、
そのあとにGARRETが出来た…とかだった気がする。
キャパは300人ほど。フロアは横に広い感じ。
今回挙げる箱の中で、職場から最も近いとこにあります。
AXにしろ、O-EASTにしろ、GARRETにしろ、
職場が渋谷にある最大の利点ですね。

GARRETレベルになるとね、海外バンドも
たくさんここでライブしてくれるんですよ。笑
だからこそ、ここに15回もライブ見にきてます。
その中でもやっぱり印象的だったのは
DSC_2753_1
A Loss For Words/State Champsの師弟バンドを
初めて見たことですかね。鬼のように盛り上がりました。
しかもこの時、PVRIS(Lynnソロ)もラインナップに入っていて
今ほど爆発する前に、ギター1本で弾き語る
Lynnを見れて、写真まで一緒に撮れたのは
間違いなくレアな体験だと思いますね。
PhotoGrid_1588829849090

他にもここで初めて見たバンド多いですね。
Betraying The MartyrsFrom Sorrow To Serenity
The RoyalIsotopesFor The WinThe AfterimageThe Word Aliveなどなど。

DSC_1986
TWAなんて、このキャパありえないでしょ。
にも関わらず、soldなんてしませんでしたけどね。
ミーグリも出たけど、キャリアを感じさせない
気さくさはヤバかったです。
これぞ人気の秘訣だと思いましたもん。
PhotoGrid_1542129465493




UNIT
代官山UNIT


GARRETよりも歴史はありますが、代官山という土地柄か
とてもキレイな印象のあるUNIT。
キャパ550 - 600程度に対し、ロッカーは少ないですが
フロアはけっこうキレイな感じします。
ステージも少し高めで見やすいですね。
しかし、ネット上では↑これくらいのキャパで出るけど
体感としてはそんな入んの?って気もします。
GARRETよりちょい広いくらいじゃね?とか思うんですが。笑

ここでのライブ数は8回
初めて見たのはEnter Shikariかな。
DSC_002948

あと"単独"では初だったのがWhile She Sleeps
DSC_0114

読者様からは意外に思われるかもしれませんが
Ra Ra Riotとかをここで初めて見てますね。
初めてというか、今のところ最初で最後ですが。笑


この箱も際立って悪い点はないものの、唯一挙げるなら
大人のお洒落スポット代官山にある為に、
ライブ用の格好で行くと、街並み的に浮くくらいですw




zirco_tokyo
Zirco Tokyo


キレイで思い出したこのZirco Toyko
2016年開店と、比較的まだ新しく、
自分も4回しか来たことありませんが、
その新しさゆえのキレイさと、
フロアと喫煙スペースがしっかり分けられてるのが
個人的には大きな点ですね。
煙草吸うような阿呆はフロアから追い出せ!←
新宿にあるのと、駅からそこまで離れてないのも○

その4回の中でもMHz FEST公演の2回
Annisokay/Walking Dead On Broadway
Polaris/LANDMVRKSは言わずもがなで良かった!
特に後者の2組、更に言えばLANDMVRKS
vo/Floが超クール!ライブも申し分なしで、
SUM 41"Fat Lip"カバーとかもう最高すぎる\(^o^)/





NEC_0265
吉祥寺club SEATA


ここは5回程度と、来た回数は少ないけど
色々と初めて見たバンドは多いclub SEATA
というのも、激ロックとかUNIONWAYとか
複数ラインナップの公演で来ることが多いからですね。
その中でもやっぱBEYOND[THE]BLUE TOUR
今は無きMe Vs Heroとの出会いの地!\(^o^)/

NEC_0310

ここも2009年オープンと比較的新しく、
割とキレイだったイメージがあります。
キャパも最大500人とそこそこあるのも良い。
西東京エリアの箱では最大らしいですね。
でも、その西東京、吉祥寺にあるという
距離の遠さがやはり不便っちゃ不便かな(。-∀-)




DSC_0126
豊洲PIT


デカイところも挙げようとしたけど、
デカイとこ筆頭のZeppがクソ箱じゃん?
あ、そういえば今年初めて行ったデカ箱あったわ
って感じで思い出したのが、ここ豊洲PIT
キャパはスタンディング時で3,000人弱
"ライブハウス"としてはもちろん都内最大級。
2014年オープンという新しさもあり、まだまだキレイです。
ロッカーも屋内外合わせて1,500弱もあり、
みんながみんな使うワケじゃないだろうし、
そうそうロッカー不足にはならないんじゃないかな。
フロアも柵は当然あったけど、目視しただけで
Zeppよりも少ないことは一目瞭然でした。
Zeppよりデカくて、新しくて、柵少ないとか
豊洲よりもアクセスしやすいところ以外に、
Zeppが勝てる要素なんて1つもないなw

今年初めて行ったので、その公演はもちろん
DSC_0069
SUM 41の2days
初豊洲がサムで良かったですよ。
そうじゃなきゃ、ここには出さなかったかもですね。




DSC_0439
新木場STUDIO COAST


都内のデカ箱と言ったら忘れちゃいけない。
みんな大好き新木場STUDIO COAST\(^o^)/
2002年オープンというベテランながらも、
2,400人収容なキャパは、こちらも都内最大級。
こちらもロッカー多く、柵も少なくフロアは広い。
Zeppは逆立ちしても新木場と豊洲には勝てんよw

新木場でのライブは実に14回
この都内最大級のキャパだからこそ、soldした時、
soldせずとも8割以上埋まった時の盛り上がり、
人の渦、うねりは凄まじいものがありますね。

ここで何度もcoldrainを見た。

Crystal Lake主催のTRUE NORTH FESの会場でもあり、
まさかのフリーライブでもこの会場を埋めました。


CROSSFAITH主催でArchitectsもここで見ました。

SCREAM OUT FESTもここでやってましたね。


他にも海外からは30 Seconds To Marsや、
SUM 41の10周年記念公演、
Yellowcard最後の来日であるFinal Tour、
New Found Gloryの20周年記念ライブ、
Panic! At The Discoの単独公演、
Bring Me The Horizonの単独公演などなど。
(自分が行ったサマソニEXTRA時、"Ludens"リリース前だったので、ライブでもやりませんでしたがw)

やはり大きな会場に見合ったバンドのライブは
どれも良いものばかりでした。

最初はフロアで暴れてた自分も、
大人見するのがメインになっている今
段差によって分かれた踊り場が左右2ヶ所ずつ
最近のマイブームは、ここの最前で見ること。
段差あるから、どんなにでかい人が来ても、
視界を遮られることはなくなりますからね!
ここで見たPATDとか超楽しかったです\(^o^)/

DSC_1693

豊洲にしろ、新木場にしろ、
唯一の欠点としては、入場待機が外ってこと。
故に、冬や悪天候の時は地獄ですねw
まぁ、これはデカ箱あるあるでもあるので
仕方ないって部分もあるでしょうけどね。






そんな感じで

自分が好きなライブハウス、

お気に入りのライブハウスを挙げてみました。

このラインナップを見てもらえるとわかる通り

小さすぎる箱は好きじゃないし、

かと言ってデカ箱が好きなワケじゃないんですよ。

まぁ、デカ箱はZeppが嫌いなだけですがw

小箱だとバンドとの距離は近いけど、

耳がやられがちになるじゃない。

大きいところは当然、バンドとの距離は遠い。

やっぱね、500~600くらいのキャパのとこが

大きくても1,000弱、2,000以下くらいのところが

客としてはちょうど良いんですよね(*´ω`*)

それくらいの箱でやるくらいのバンドなら

ファンやリスナーも"まだ"まともな感性してる人も

多いでしょうからね。笑

むしろ、そこがいちばん大きな理由かも…(。-∀-)



まぁ、ここに挙げた10のライブハウスの他にも

明らかにオーディエンスの視界の妨げになるものとか

対応の悪いスタッフがいるとか、

平気でフロア内も喫煙可だったりだとか、

クソだ!

と、思える要素がなければ、

個人的に贔屓するようなライブハウスはありません。

大中小問わず、こうしてライブハウスがあるからこそ

大きなバンドも、小さなバンドも、ライブが出来るし

海外バンドも来日してくれるんです。

そういったバンドたちがライブをしてくれる場を

提供してくれているだけで、ありがたい存在です。

箱の良し悪しなんざ二の次ですよ。

もちろん良い箱であるに越したことはないですけどね。



しかし、まぁ現状では

クソコロナという絶対悪がいること、

自粛警察という阿呆がいることによって、

そんなライブも出来ず仕舞いな状況ですが。

そいつらが早いとこ根絶やしにされ、

またいつも通りの日常に、音楽好きな人が

ライブハウスに行ける日々が戻ると良いですね。


と、都内のライブハウスに限定はしましたが、

好きなバンドがライブするとなった時、

都内外の人に少しでも参考になれば幸いです。





関連記事