ここ最近、挙げていた【@PollsScene】が

フォロワーの投票を募って

メタルコアNo.1を決めるトーナメントをしていましたね。

結果が更新されるたびに、自分も投票していましたが

メタルコアか…?

ってバンドがちょいちょいいますねw

それでもDayseekerが決勝までいったのが面白いw

自分もずっとDayseekerには投票していましたが

Dayseekerってメタルコアではなくね?w

まぁ、それだけメタルコアリスナーからも

評価の高いバンドなのでは?という裏付けなのかも。

最後はPolarisに敗れ、惜しくも2位でしたが大健闘。

そんなDayseekerの昨年リリースされた新譜はこちらから。



個人的には、昨年のポスコア部門1位の良盤です。

いやー、しかし

やっぱこのアカウントのアンケート毎回面白いな。

どうも、トトです。




非常にたくさんの良い新譜があった2月。

ちょっと劣る作品も蔵出しに挙げたところで

2月リリース分の中で、最後のレビュー記事。

喜怒音楽的にも、お初となるバンドです。


IMG_20200308_012249
Stain The Canvas『God Made Hell』
01. If I’d Kept Writing My Autobiography
02. Crucible
03. Fear from Nowhere
04. Anima
06. Miserere Mei
07. Deadsection
10. Amoeba
11. Redemption



イタリアはミランからの新たなメタルコアバンド

Stain The Canvasが、2/14にデビューアルバム

God Made Hellをリリースしました。


自分も全く知らないバンドだったんですが、


Polarisの新譜レビューの記事で、

コメントをくれた方に教えていただきました。

で、少し調べてみると

2/14にデビューアルバムをリリースしている

という、タイミングの良さも相まって

こうしてレビュー記事を書くに到ります。

聴いた上で微妙だったら記事にはしないし、

そこまででもなかったら蔵出し行きです。

が、こうして1つの記事にするくらいには

自分も気に入った作品でした。

それでは早速、いってみましょう。




If I’d Kept Writing My Autobiography
オープニングはわずか0'42"のインストナンバー。
これがそのままアルバム全体のイントロ、
そして次の曲のイントロとして流れます。


Crucible
からの、本格的にスタートするのは2曲目から。
少し叙情的にも感じるリフを響かせるイントロから
ボーカルの入りと共にアグレッシブなサウンドに。
エコーをかけながら文字通り"響く"コーラスと、
激しいメタルコアサウンドがグッと心を掴んできます。
メタルコアしてはいるんだけど、サウンドとしては
ちょっと懐古的な感じしますよね。悪い意味ではなく。
まぁ、それは後々わかってきますが。


Fear from Nowhere
重いリフが一瞬響くイントロから、
バックのコーラスと共にメタルコアしていく2曲目。
少し走り気味に展開していく2コーラス目が良い。
しかし、こういったコーラスが響きまくるメタルコアだと
Bad Omensの1stあたりをひしひしと感じますね。
このあとも同じようなことを書いてしまわないか、
レビューする側としては不安になる。笑
こういうの好きですけどね。
レビュー能力とは別なのです。←


Anima
DreamboundでMVが公開されている4曲目は、
神聖なコーラスと壮大なストリングスを経て、
疾走メタルコアな展開からスタート。
"Anima"ってタイトルがまた臭ぇなーw
バックのサウンドやコーラスは盛り盛りで、
曲の壮大さを大いに引き立てています。
こういった要素とメタルコアは合うよなぁ。
アウトロはピアノサウンドを響かせ、
余韻たっぷりにフェードアウトしていきます。




Hell Made Me
5曲目のMV曲は、このバンドとの出会いの1曲。
最初に言った通り、記事のコメントにて
読者さんに教えてもらったバンドですが、
この1曲で大いに掴まれましたね。
昨年12/5に公開されたMVは、教えてもらった時点で
10万再生目前で、現在は既に10万を超えています。
前曲の"Anima"Dreamboundに取り上げられてるとは言え
伸び率はこちらの曲の方が遥かに上です。
イタリアの新人メタルコアがMV公開3ヶ月で
10万再生超えはかなりすごいことなのでは?

メンバーの風貌を見ても、懐かしさしかありませんがw
ミドルテンポに進んでいきますが、バックに鳴る
ストリングスや打ち込み要素が至極。
そこが大いに惹かれた点でもあります。
聖歌隊を思わせるようなコーラスもとても良い。
やっぱこういう壮大な雰囲気を持ったメタルコアって
昔からけっこう好きなんですよねぇ。




Miserere Mei
怪しくダークな雰囲気なSEの中に真逆な
美麗な旋律のピアノサウンドが響きわたるインスト曲。
1'30"ほどの短尺で、終わりに向かうにつれ、
サウンドも盛り上がっていき、次の曲に繋がります。


Deadsection
大きなストリングスが弦を強く弾くや否や、
バンドサウンドと共に幕を開ける7曲目。
これまで同様の壮大な雰囲気はそのままに、
攻撃性を抑えた聴かせるメタルコアナンバーに。
しかし、ここぞとばかりに攻撃性を露にする
ブレイクダウンはしっかり展開。
そこから更なるダイナミックなサウンドで
終わりへと向かっていきます。
静かに掻き鳴らすギターのバックにエコー増しで
こだましているシャウトが良い雰囲気出してます。


Like a God
8曲目は今作で最古参となるMV曲。
1年かかってはいますが、こちらもMVは10万再生超え。
のっけからNeiRに出てきそうなコーラスが響き、
切れ味のあるシャウトと共にアグレッシブに展開。
サビではイントロのコーラスをバックに、
壮大なメタルコアサウンドを鳴らし、
2コーラス目の疾走パートへとなだれ込みます。
そして再びコーラスきっかけでブレイクダウンへ。
やっぱこのバンドのコーラスの感じ好きだな。
というか、この手のコーラスが流れるような
ゲーム好きならきっと気に入ると思うんだよね。笑




Unknown feat. Eliza Grace
9曲目では、女性ボーカルがゲストなっています。
あまり目立つような起用ではありませんが、
これまでの神聖コーラスが出ていたような場面で
静かに存在感を表します。
終盤のギターソロの前に、満を持して登場し、
そのまま最後まで男女ツインボーカルで進み、
ラストはソロで静かに歌い上げます。




Amoeba
インストナンバーではないものでは、
今作最短2'37"の10曲目。
Cane HillLotus Eaterに見るような、
高音かつ、怪しげなギターリフが素晴らしいな。
短い曲だけど、バンドの持つこれまでの壮大さも
きっちり取り入れ、持ち味を損なわない展開に。


Redemption
そしてラストを務める11曲目は今作最長5'29"
イントロの打ち込みサウンドが、
sever black paranoia感あるなぁ。
そんなsbp風のインストをバックに、
ボーカルが静かにクリーンを歌います。
静かな音に、静かなボーカルが響く為に、
これまで以上に、不思議な神聖さ醸し出します。
2'20"あたりからバックも帰来の壮大さを取り戻し、
激しいバンドサウンドを展開していきます。
再びサウンドが控えめになるとピアノサウンドも導入。
そしてシャウトと共に神聖コーラスをバックに
短いメタルコアサウンドを響かせたあと、
ゆっくり静かに幕を下ろしていきます。






以上、

Stain The Canvas『God Made Hell

でした。

結成してから1年ちょっとなのかな?

そんなに短いキャリアなのに、

早くもフルアルバムをリリースするという、

日本のバンドにはない意欲の高さが素晴らしい。

しかもイタリア出身ってのがまた面白い。

しかし、最初に聴いた曲"Hell Made Me"のMVを見た時に

エモコアキッズやんwwwww

と、見た目の懐古感に噴き出してしまいましたw

思えば、サウンドもどこか現行メタルコアではなく

ボーカルも低音のスクリームではなく、

高音のシャウト寄りのな部分なども、このへんの

1_3bryiu8ge2sygx8wdsgwd
ofmicemen
IMG_20200307_211258
btf-blessthefall-9225675-600-400
A-Skylit-Drive-Promo

新しい世代のメタルコア、ポスコアバンドが

こんな風貌だった頃を思い起こさせますw

しかも、ちょいちょいタイトルが臭ぇんだよなw

まずアルバムタイトルが

God Made Hell = 神は地獄を作った

に、始まり

Anima = (ラテン語で)生命、魂

Hell Made Me = 地獄は私を作った

Like a God = 神のように

などなど、厨二病が捗りそうなさw

ま、でもこういうタイトルだからこそ

壮大さや神秘性が合ってるんでしょうけどね。


そういった神秘的なコーラス増しなところは

レビュー中にも名前を出したBad Omensの1stっぽいし

だからこそBring Me The Horizonの初期~中期っぽい。

ボーカル的には?というかシャウト的には

それこそ初期~中期のBMTHや

ボーカル交代前のShe Must Burnとかとか。

こういった壮大なサウンドをまとったメタルコアなら

先日レビューしたSaving Viceや、

My激推しバンドのIf I Were Youあたりが好きな人にも

琴線に触れることがあるかもしれません。

Saving ViceIf I Were You

もっと現代的なサウンドしてますけどねw



現代サウンドに飽きがきて、

懐古サウンド聴きたいけど新しいバンドがいい

みたいな人には、オススメです。

Stain The Canvas『God Made Hell』

是非ぜひ、チェック。




関連記事