IGがこんなアンケートをやってましたが、

このラインナップで、IGがアンケート取りゃ

こうなるでしょうね(。-∀-)笑

自分は"IGっぽさ"なんて考えず、得票率ワースト2の

GrayscaleSleep On Itで迷った結果、

得票率ワーストのSleep On Itに入れましたけど。

ま、何にせよ

この中から1つでも今年来日したら万々歳。

どうも、トトです。



さて、本日は新ブログで初となる

(新人)発掘

の記事といきましょう。

何故に"新人"にカッコを付けたかと言うと

前ブログの頃からやっているこのシリーズですが

もちろん、若手のバンドを挙げるようにはしてるけど

これまで挙げてきたバンドは、

必ずしもキャリアの浅いバンドばかりじゃなかったので。笑

新人ではなくとも、日本では知られざるバンド

ってのは、星の数ほどいますしね。


しかし、今回はしっかり

新人発掘をしています。

それではいきましょう。

新ブログ初、2020年初の発掘バンドはこちら。





FB_IMG_1579913839031

FacebookRematch】 1976like

Twitter@rematchtheband】 318follower

Instagram@rematchtheband】  627follower

※2020/01/31現在



USはNo Coast出身のPOP PUNKバンド

Rematch

このバンドを知ったキッカケは、

ある日の友達のツイートでした。

前ブログで書いたことのある

自分にPOP PUNKをたくさん教えてくれた友達だったので

彼がハマってるなら!と思って聴いてみた新曲がこちら。



さすがだな!

こういうバンド、

こういうPOP PUNKが良いんだよなぁ。

サウンドはしっかり明るく楽しい陽性サウンド

MVも演奏シーンと、POP PUNKならではの

ちょっと笑えるおバカなシーンとw

今回使用した↑バンドの写真も、

メンバーの笑顔溢れる、良いヤツら感ハンパない。

これがエモーショナル寄りなPOP PUNKなら

笑顔なしの、ちょっと神妙な顔した写真になってたでしょうね。

そう考えると、やはり写真、表情などからも

音楽の好みやジャンルも、ある程度わかるのかもしれません。

これは新たに追っていきたいバンドだなぁ。


自分もそこそこ新しいバンド見つけられるようになったけど

それより更に深いところから掘り出してくる人たちは

どうやって発掘してきてるんだろうね…(。-∀-)笑



しかし、バンドが気に入ったなら

そこから先はこっちも掘るよ!

Videoが上がっている他の曲も聴いてみた。







スケーターVideoに、DIY感溢れるVideo

こういうところも

THE POP PUNK

な感じがして最高ですね(*゚∀゚)

しかし、新曲の"Live A Little"もそうだし、

この過去曲もそうだけど、

ツインギターで割とヘヴィサウンドなところが

Four Year Strongあたりからの影響を感じさせるし、

We Were Sharksっぽさもありますね。

もし今後、レーベル契約するとしたら

Hoplessよりか、Pure Noiseって感じのするサウンドです。

でも、エモーショナル寄りな曲を聴いてると、

Hoplessもイケる気がするんだよなぁ。笑

結果、どっちのレーベルだとしても

違和感なくレーベルに合ったバンドだってことですよw


1つはMVではないですが、UPされたのが2018/12/01

そういった時期はもちろん、曲の雰囲気、歌詞的にも、

しっとり系のクリスマスソングですかね。




バンドが2年ぶりに新曲を出したワケですが

新譜は出ないのかなーって思って

色々と調べてみると、Facebookでの【この投稿】で

Febuary 28 即ち、

2/28にEP出すよ

と、言っています!楽しみ!\(^o^)/

"Live A Little""Care What You Think"みたいな

陽性POP PUNK多めで頼むよー!

リリースの際は、

もちろんここでもレビューさせていただきます。

よほど微妙じゃない限りねw

ま、でも彼らに限って

自分が微妙に思うようなものを出すとは思えませんが(´∀`)



そういえばFYSも新譜リリース日が2/28でしたね。

今年は年始からPOP PUNKバンドの新譜が相次いで

個人的にとても嬉しい年始めです(*´ω`*)



そんなこんなで、まずは

Rematch

FYSと共に新譜がリリースされるまで

既存の曲を聴きながら待ちましょう!






関連記事